トップ >医師会会員用 > 医師会会員用感染症情報

医師会会員へのお知らせ

令和2年7月第5週 感染症情報

『診療日数が異なりますので、先週との比較はできませんが、感染症は多くありません。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)および細菌性胃腸炎がみられています。全国的には新型コロナウイルス感染症は第1波の時以上に増加してきています。愛媛県でも患者さんが報告されています。マスク熱中症にも注意しながら感染症予防対策を続けましょう。』

令和2年7月第4週 感染症情報

『報告医療機関数及び診療日数が異なりますので、先週との比較はできませんが、感染症は多くありません。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)がみられるくらいです。細菌性胃腸炎が若干増加しているようです。全国的にはコロナウイルス感染症は再び増加してきています。愛媛県でも新型コロナウイルス感染症の患者さんが報告されました。感染症予防対策を続けましょう。』

令和2年7月第3週 感染症情報

『感染症は多くありません。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)がみられるくらいです。全国的にはコロナウイルス感染症は再び増加してきています。他県への移動、特に流行地への移動は十分に気をつけましょう。』

令和2年7月第2週 感染症情報

『感染症は多くありません。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)がみられるくらいです。少数ですが、溶連菌感染症、アデノウイルス感染症が報告されました。全国的にはコロナウイルス感染症は再び増加してきています。油断することなく、感染症予防対策を続けましょう。』

令和2年7月第1週 感染症情報

『感染症は多くありません。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)がみられるくらいです。少数ですが、細菌性腸炎、溶連菌感染症、アデノウイルス感染症が報告されました。県をまたぐ移動、特に関東圏との往来は控えた方が良いと思います。マスク、手洗い、うがいの励行、3「密」状態を避けてコロナ対策を引き続き行いましょう。』

令和2年6月第4週 感染症情報

『感染症は多くありません。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、溶連菌感染症、アデノウイルス感染症が少しがみられるくらいです。 全国的にはコロナウイルス感染症は増加しております。油断することなく、感染症予防対策を続けましょう。』

令和2年6月第3週 感染症情報

『先週同様感染症は少なく、嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)と溶連菌感染症が少しがみられるくらいです。細菌性腸炎は少し増加しています。食中毒に注意しましょう。県をまたぐ移動も解禁されましたが、引き続き3「密」状態を避けコロナ対策も継続しましょう。』

令和2年6月第2週 感染症情報

『先週同様感染症は少なく、嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)と溶連菌感染症が少しがみられるくらいです。園や学校生活、また自粛要請の緩和で一般生活も普段の状態に戻りつつあります。油断することなく、感染症予防対策を続けましょう。』

令和2年6月第1週 感染症情報

『先週同様感染症は少なく、嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)が少しがみられるくらいです。園や学校生活も軌道に乗ってきたと思いますが、風邪をひいたり、精神的に不安定になっている子どもたちもみられます。急に暑くなりました。マスク着用のため熱中症にも気をつけましょう。』

令和2年5月第5週 感染症情報

『感染症は少なく、嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)が少しがみられるくらいです。園や学校での生活も慣れてきたと思われます。当地区では新型コロナウイルス感染症はみられていませんが、不要不急の外出を控え、3「密」の場所を避け感染防止対策を続けましょう。』



PAGE TOP