トップ >西条市の皆さまへ > 感染症情報

感染症情報

小児の感染症は先週とほぼ同様です。インフルエンザ、嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、溶連菌感染症などがみられています。インフルエンザは全てA型です。まだまだインフルエンザが流行しています。手洗い、うがい、マスク着用を励行しましょう。
今週は全医療機関からの報告です。インフルエンザは流行していますが、若干減少傾向です。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)も多くみられますが先週より少ないようです。溶連菌感染症もみられています。発熱してすぐの受診ではインフルエンザの診断はできません。検査をする場合は半日、少なくとも数時間は経過してからの受診をお勧めします。
小児の感染症は先週とほぼ同様です。インフルエンザが流行しています。警報レベルとなりました。ほとんどがA型です。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)も多くみられます。その他、溶連菌感染症、RSV感染症などもみられています。できる限り人混みは避け、外出後は手洗いをしましょう。
インフルエンザが更に多くなっています。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)も多くみられます。その他、溶連菌感染症、RSV感染症などもみられています。新学期が始まりインフルエンザは本格的な流行になりました。規則正しい生活をして、マスク、手洗い、うがいの習慣をつけ感染しないようにしましょう。
インフルエンザが流行期に入りました。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)も多くみられます。その他、溶連菌感染症、RSV感染症などもみられています。手洗い、うがい、マスク着用で感染を予防しましょう。
嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、インフルエンザがみられています。新学期が始まり、インフルエンザの流行が始まると思われます。規則正しい生活をして体調を整えましょう。
嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、インフルエンザ、溶連菌感染症、RSV感染症、水痘(みずぼうそう)などがみられています。インフルエンザB型もみられました。年末年始で人の交流が多くなります。不用、不急の外出は控えましょう。

12月第4週の感染症情報

嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、インフルエンザ、RSV感染症が増加しています。他は先週と同様です。溶連菌感染症、伝染性紅斑(りんご病気)、水痘(みずぼうそう)などがみられています。感染症が増えてきました。もうすぐ冬休みです。体調管理に気をつけましょう。

12月第3週の感染症情報

小児の感染症は先週とほぼ同様です。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、溶連菌感染症、水痘(みずぼうそう)、RSV感染症、ヘルパンギーナなどがみられています。溶連菌感染症と水痘は増加しています。インフルエンザA型が7例報告されました。インフルエンザワクチンの接種をお勧めします。

12月第2週の感染症情報

小児の感染症は先週とほぼ同様です。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、溶連菌感染症、RSV感染症、ヘルパンギーナなどがみられています。インフルエンザA型が1例報告されました。周桑地区の幼稚園児です。急に寒くなりました。体調管理に気をつけましょう。


PAGE TOP