トップ >西条市の皆さまへ > 感染症情報

感染症情報

小児の感染症は先週とほぼ同様です。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症、溶連菌感染症、インフルエンザなどがみられています。インフルエンザB型が1例報告されました。嘔吐下痢症が増加傾向です。
小児の感染症は先週とほぼ同様です。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症、インフルエンザ、溶連菌感染症などがみられています。インフルエンザは全てA型でした。減少傾向です。
小児の感染症は先週とほぼ同様です。インフルエンザ、嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症、溶連菌感染症、水痘(みずぼうそう)などがみられています。インフルエンザBは1例報告されました。日によって寒暖差が大きくなっています。体調を整えて新学期を迎えましょう。
今週は全医療機関からの報告です。小児の感染症は先週とほぼ同様です。インフルエンザ、嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症、溶連菌感染症、水痘(みずぼうそう)などがみられています。インフルエンザB型が2例報告されました。ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症が増加傾向です。
小児の感染症は先週とほぼ同様です。インフルエンザ、嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症、溶連菌感染症、水痘(みずぼうそう)などがみられています。インフルエンザは全てA型です。ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症では発熱が長く、呼吸不全を呈する症例もみられます。
小児の感染症は先週とほぼ同様です。インフルエンザ、嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症、溶連菌感染症、水痘(みずぼうそう)などがみられています。インフルエンザは全てA型です。感染症は多くありませんが、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症が増加傾向です。
小児の感染症は先週とほぼ同様です。インフルエンザ、嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、溶連菌感染症、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症などがみられています。インフルエンザは全てA型です。感染症は多くありません。スギ花粉が猛威を振るっているようです。
小児の感染症は先週とほぼ同様です。インフルエンザ、嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、溶連菌感染症、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症、水痘(みずぼうそう)などがみられています。朝と昼の温度差や三寒四温による温度差などで体調管理が難しい時期です。規則正しい生活をしましょう。
小児の感染症は先週とほぼ同様です。インフルエンザ、嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、溶連菌感染症、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症などがみられています。インフルエンザは全てA型で、B型はみられていません。
インフルエンザは減少しています。全てA型でした。嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、溶連菌感染症などがみられていますが、やや減少傾向です。インフルエンザのピークは過ぎたように思われますが、今後B型の流行などまだまだ注意が必要です。


PAGE TOP